TOP特集ページ一覧線材情報

材料について語り合おう〜ステンレス材

線材情報

 今回はステンレス材のパイオニア、日本精線株式会社様においでいただき、ステンレスについての疑問にお答えいただきました。 前川課長様、杉本係長様、大変お忙しい中こちらのオファーに早速御足労いただき感謝感激です。 富士発条として、また質問している自分としてマテリアルに対する知識がひろがったことに大変な有意義さを感じました。

    

●内容(間違い、勘違い箇所は御指摘願います)

1. ステンレスはハガネの分類に入りますか?

字の通り「ステンレス鋼」と呼びますのでハガネです。但しクロムを11%以上含み且つ鉄が50%以上に限ります。

2. ステンレスはなぜ錆びにくいのですか?

ステンレスの中のクロムが酸素と自然結合して表面に不動態皮膜を作っているためです。厚みは0.005μm=5/1,000,000mmくらいです。 この自然皮膜は強いのですが万全ではないため、いったん取り去り新たに不動態メッキを施せば更に錆びにくくなります。

3. 傷が入れば錆びるのですか?

不動態皮膜が剥がれれば申し訳ありませんが錆びます。ですが、十分に酸素のあるところでは、瞬時に皮膜が形成されます。

4. 購入した線材は包装材を取り除いて保管するほうがよいのですか?

空気に触れるほうが不動態皮膜のためにはよいことです。が、埃が付着するのはよくありませんね。保管状況によっては皮膜が破壊され錆びが発生するときもありますので、包装保管をお勧めします。

5. 伸線時に残留応力は発生しますか?

加工硬化とともに伸線と反対方向への残留応力が発生します。

6. 伸線とは一発でその線径まで仕上げてしまうのですか?

何回かに段階を経て細くしていきます。伸線すると加工硬化するので熱をかけて柔らかくし、また伸線の繰り返しです。

7. 伸線時の残留応力はバネ成形後の低温焼鈍で抜けますか?

バネ成形時の残留応力とともに抜けます。

8. 購入している材料は硬く思うのですが、焼きが入っているのですか?

針金と違ってもともと硬い材質ではありますが、伸線時に加工硬化しているだけです。まったくの生です。

9. ステンレスと他の金属物質が接触すると水分が無くても錆びますか?

異種金属接触腐食といって、金属が持つ電位の違いにより電気が発生しイオン化(腐食)となります。

10. セッチング加工後にテンパするとNGですか?

せっかく逆方向の残留応力をバネに持たせて強くなっているのに、テンパすると元に戻ってしまいます。

11. 残留応力というのは抜けることはないのですか?

加工時の金属の歪ですから、手を加えない限りずっと残っています。

12. バネ材に伸線加工時の異方性はありますか?

最近にわかに注目されています。はっきりとは証明されていませんが、可能性はあります。材料をひっくりかえして反対から加工したら、不良率が減ったという事例もあります。

13. ハステロイはステンレスと呼べますか?

NOです。ニッケルが多く(50%以上)含まれており、ニッケル合金と呼ばれています。

14. 話はそれますが、ハステロイよりバネ材として扱いやすいものはありますか?

NAS604PHというコバルト40%のものがあります。すべてにおいてハステロイの性能を上回る優れものです。

15. 御社シルビア材は何故加工しやすいのですか?

ニッケルメッキが外観、質感、滑りに貢献しているためです。低d/Dコイリングには最適です。

16. SUS631材には何故アルミニウムが入っているのですか?

析出硬化元素のアルミを含有させることで、一定の熱処理によりNi−Al金属化合物が析出して、材料が硬化するという働きがあります。

まだまだ沢山ありますが、知っているようで知らなかった世界を垣間見ることができ、非常に楽しいひとときをありがとうございました。これからもいただきました貴重な知識を後輩に受け継ぎ、業界の繁栄に努めてまいります。 前川課長様、杉本係長様、これからも末長くよろしくお願いいたします。

      日本精線株式会社

心がこもった日本製はここが違う!1個から量産まで最高品質、最短納期でお届け


ページトップへ

富士発条株式会社
〒574-0044 大阪府大東市諸福3丁目10-1
TEL 072-871-5161 / FAX 072-874-8214
Copyright © 富士発条 All Rights Reserved.